本場高知より包丁ナイフなど土佐打刃物の専門店
商品代・税込33,000円以上で送料無料

柳刃包丁 多層鋼 両刃

¥17,050
サイズ
柳刃包丁 ダマスカス 刺身包丁

広がる模様が美しい刺身包丁

 

多層鋼が生み出すダマスカス模様が美しい刺身包丁。
この模様の広がり方は一本一本異なり、同じ模様は一本たりともありません。


柳刃(やなぎば)という名前の由来は「柳の葉のように細くて長いから」だそうで、主に刺身を切るときに使用します。
関西型の刺身包丁で「正夫(しょうぶ)」とも呼ばれています。


出刃包丁などで「サク」といわれるブロック状態にした魚の身を刺身にするときに活躍する包丁で、刃が細く、長く造られているので、前後に動かすことなく「スッ」と引くだけで、美しい刺身を切ることができます。


柳刃包丁 ダマスカス 刺身包丁

 

長切れする高級鋼「安来鋼 青鋼」

 

刃の鋼は、安来鋼(やすきはがね)の「青紙二号」を使用。
長切れし、高い硬度と粘り強さを兼ね備えた鋼で、一度刃を付ければ長い間切れ味が持続するというメリットがある鋼です。


刃の形状は両刃です。両刃の包丁は片刃に比べて欠けにくいことと、切るものに対して刃がまっすぐ入ることから初級者から上級者まで扱いやすい包丁です。※刃は左右共通ですが、右利き用柄のため右利き用です。
また、サイズは刃渡り21cm、24cm、27cmからお選びいただけます。


柄は、鍛冶職人が「堅くておすすめ」というクルミの木(ウォルナット)を使用。
化粧箱入りで、お料理好きの方への贈り物にもピッタリです。

熟練の鍛冶職人が丹誠込めて鍛え上げた柳刃包丁。
美しいだけでなく、刺身を引くのが楽しくなるような包丁です。



▼サイズ/仕様
【サイズ】
・刃渡り約21cm/全長約36cm
・刃渡り約24cm/全長約41cm
・刃渡り約27cm/全長約43.5cm
【鋼】安来鋼 青紙2号
【柄】クルミの木とプラスチック
【刃】両刃
【利き腕】左右共通
※サイズ等は多少の個体差がございます。
※柄は自然素材のため色味や模様の入り方は一本一本異なります。


■刃付けについて
ご家庭でそのままご使用になるのに十分な刃を付けてありますので、届いてすぐにお使いいただけます。
※なお、あまり刃を付け過ぎると欠けやすくなるという問題点がございます。当店では、幅広い層のお客様にお使いいただけるよう、出荷時の刃は、欠けにくさと切れ味のバランスを考えた刃付けを鍛冶職人に一任しております。

■多層鋼の刃物を研ぐ時の注意点
刃を研ぐときに、刃先だけを研げば問題ないのですが、広い範囲を研いでしまうと模様がこすれて見えなくなってしまうことがあります。 見た目に見えなくなるだけで、実際に多層鋼の模様自体が無くなることはありませんが、ご注意ください。

■その他注意点等
・凍ったままの冷凍食品はお切りにならないようお願いします。
・表面には錆び防止のため、職人が手作業で薄くニスを塗っています。このため刃全体に光沢がありますが、そのままご使用いただいて全く問題ございません。
・表面に小さなキズがあるように見える場合がありますが、ニスについた細かいほこりや擦れですので、お使いいただいているうちに自然と消えていきます。
・一本一本手作りのため、画像は代表画像です。


鍛冶職人紹介

 

土佐打刃物の本場、高知県の土佐山田町に工房を構える宗石刃物製作所。

創業は1955年、しっかりとした技術と経験のある鍛冶屋で、2代目宗石博孝さんと3代目宗石康佑さんが中心となって様々な刃物を製造されています。
また宗石博孝さんはその高い技術と知識が認められ、平成24年に土佐の「伝統工芸士」(経済産業大臣認定)に認定されました。

宗石刃物製作所の理念は「魂のこもった刃物」を作ること。創業当初から土佐打ちの古式鍛造法にこだわり、妥協を許さず、お客様に使っていただくことを第一に考えた刃物作りをされています。

宗石刃物製作所