キャンプやアウトドアに便利な本格鍛造ブッチャーナイフを販売しています
  • 土佐打刃物屋
  • 土佐刃物
    • トップページへ
    • お買物ガイド
    • よくあるご質問
    • 会社概要
    • サイトマップ
    • お問い合わせ
    • 買い物カゴの中
  • 包丁
  • 鉈(なた)
  • ナイフ
  • くじらナイフ
  • 切り出し小刀
  • 草刈り鎌
  • お手入れ用品

レッドオルカ
>>究極の本焼き レッドオルカ

目的から探す

種類から探す
刃物の一覧から探す


knifeナイフ一覧
ナイフ一覧

レッドオルカナイフ富士
レッドオルカ+1ナイフ
黒鳥ブッチャーナイフ
黒鳥フィッシングナイフ
渓流ナイフ 冴(ロープ巻)
渓流ナイフ 爽(ロープ巻)
渓流型ミニナイフ
捌き型ミニナイフ


草刈り鎌
草刈り鎌一覧

草刈り鎌 薄鎌
ガーデニング草刈り鎌


可愛いミニナイフ
ねこ&いぬナイフ

くろねこミニナイフ
わんこミニナイフ
ミニナイフ用ケース


くじらナイフ
くじらナイフ一覧

マッコウクジラ
ミンククジラA
ミンククジラB
ナガスクジラ
ニタリクジラ
専用ケース


腰鉈、剣鉈
腰鉈/剣鉈/斧一覧



庖丁
包丁一覧



砥石
砥石(といし)



椿油
お手入れ用 椿油



まな板
ひのきまな板




価格から探す
1〜2,999円
3,000〜4,999円
5,000〜9,999円
10,000円〜


鋼の種類から探す
青鋼(青紙)二号
白鋼(白紙)二号



鍛冶職人
鍛冶職人紹介

秋友義彦鍛造所
尾田鍛造所
梶原刃物製作所
上村鍛造所
黒鳥鍛造工場
秀常鍛工場
冨士源刃物製作所
宗石刃物製作所



【刃物について】
土佐打刃物について
打ち刃物豆知識
お手入れ・保管方法
包丁の研ぎ方



【土佐打刃物屋】
当店のご案内
法律に基づく表記
個人情報取り扱い
お買物ガイド
FAX・メール注文
お問い合わせ



お客様の声
>>お客様からのご感想

ギフト包装のご案内
>> ギフト包装のご案内

名入れのご案内
>> 名入れのご案内



FAX・メールでのご注文はこちら
>> FAXやメールでご注文

お問い合わせはこちら
>> お問い合わせ



メールマガジン
メールマガジンの登録/解除


土佐打刃物屋Facebookページ
いいね!して頂けると嬉しいです!

店長
いらっしゃいませ!
店長の奥宮義達です。土佐の鍛冶職人が一本一本丹念に鍛え上げた伝統の土佐打刃物を、どうぞごゆっくりご覧下さい。
土佐刃物
入荷してきた刃物は、一本一本店長自らの目で検品しています

黒鳥 ブッチャーナイフ 穴あき

黒鳥アウトドア用ブッチャーナイフ 穴あき
黒鳥鍛造工場
ブッチャーナイフ 穴あき


この商品のオススメポイント
アウトドアで活躍
青鋼
丈夫なケース付き
店長の一押しコメント
店長おすすめ
薪を割ったり塊肉を切ったり、重量はありますが、これ1本で身軽にワイルドに楽しめる、頼もしいアウトドアナイフです。

ブッチャーナイフ 穴あき

キャンプ・アウトドアで大活躍の一本

「何を切るのにも使える刃物がほしい」
「装備は一本だけで身軽に行動したい」
「ワイルドで格好いい刃物がほしい」

というリクエストに応じて誕生したのがこのアウトドア用ブッチャーナイフです。


ブッチャーナイフとは、ブッチャー(肉屋)のナイフという言葉通り肉専用のナイフを言いますが、このブッチャーナイフは、塊肉を切る以外にもアウトドアの様々なシーンで活用できるよう作り出されました。


通常は木を切ったり薪を割るなら斧や鉈、調理をするには包丁やナイフというように、役割によって刃物を分けることが多いかと思いますが、このブッチャーナイフなら、一本で枝を払ったり細めの木を割ったり、料理にまで使用可能。
キャンプや渓流釣りなどのアウトドア、狩猟、山仕事など、幅広い用途で活躍します。


握ったときにしっかりとした重みがあって安心感があり、厚みも約8mmほどと通常のナイフよりかなり厚みがあるので、頑丈さは折り紙付きです。
また刃は「両刃」なので、手を持ち替えての使用もOK。左利きの方もそのままお使いいただけます。両刃の刃物は、切るものに対して刃がまっすぐ入ることから、初級者から上級者まで扱いやすい刃物です。

長切れする高級鋼「安来鋼 青二鋼」を使用

表面の仕上げは、土佐打ち刃物の特徴の一つでもある、黒い部分を残した「黒打(くろうち)」仕上げ。この「黒打ち仕上げ」とは、刃物の仕上げ方法のことで、製造過程で黒くなった部分を残し、刃の部分だけを研いだものをいいます。


全国的に刃物は表面を磨いた「磨き仕上げ」が多いと思いますが、土佐打ち刃物は、昔からこの黒打ち仕上げが愛用されてきました。 黒い部分を残している分、磨き仕上げに比べると、若干サビに強いといわれています。 少し無骨で、「渋い」雰囲気が感じられる仕上がりです。


刃の鋼は、安来鋼(やすきはがね)の高級鋼「青二鋼」を使用。
長切れし、高い硬度と粘り強さを兼ね備えた鋼で、一度刃を付けてしまえば、長い間切れ味が持続するという特徴があります。


本体には穴を開けてあるので、パラコードを巻くなど、ご自身でのカスタムも自由自在。 丈夫な革ケース付きなので移動時や保管時も安心です。


無骨で渋いフォルムのブッチャーナイフ。
様々なアウトドアシーンで活躍する、ホンモノ志向の方にピッタリの本格鍛造ナイフです。


一本一本火造り鍛造で打刃物の良さを引き出す職人

明治の初め、初代梶原平次が土佐安芸郡黒鳥より四万十町本堂に移り住み、鍛工場を創業。以来、百三十余年に渡り多種多様な刃物を作り続けている黒鳥鍛造工場。


黒鳥の刃物の根底には林業用刃物の丈夫な作りや切れ味を生み出す技術があり、野鍛冶として地域の人々の要望に答えながら進化してきました。


大きなハンマーで鋼材を叩きながら成形していく様子は、まさに匠の技。
高温で熱せられ真っ赤になった鋼材が、火花を散らしながら形を変えていく様は美しくすらあります。


手造りで一本一本鍛造しているため、大量生産できず、また完成するまでに時間はかかりますが、手間暇かけて産み出された打刃物は耐久性にも優れており、伝統に培われた確かな技術がその品質に反映されています。


古くから近隣地域のみならず全国で活用されてきた打刃物。
長くご愛用いただけることを願っています。

火造り鍛造
手作りで鍛造しています



仕様

安来鋼 青鋼(割り込み)
両刃
刃渡り
約17cm
全長
約29cm
刃厚
約8mm
重量
約530g前後
ケース
革製
利き腕
左右共通

※一本一本手作りのため、サイズや重量は多少の個体差がございます。ご了承下さい。


名入れできません

■在庫について

ご注文が集中した場合など、「在庫あり」となっていても入れ違いで品切れとなる場合があります。また、ご注文個数によっても入荷待ちとなる場合があります。

また品切れの際は、速やかに「入荷待ち」もしくは「品切れ」表示に変更するようしていますが、手作業での変更のためタイムラグが生じます。

入れ違いで品切れの場合、ご注文を承り後ご案内します。何卒ご了承ください。

在庫数表示がある商品

カートから注文を送信完了した時点で在庫が減る仕組みになっておりますため、タイミングによっては入れ違いで品切れとなる場合もございますこと、ご了承ください。

品切れの場合は、ご注文を承り後ご案内します。

入荷日数の目安

包丁・小刀:入荷未定
鉈・ナイフ:約2〜3ヶ月以内
くじらナイフ・犬&猫ミニナイフ:約1〜2ヶ月以内

※品切れ中でも予約可能な商品は、商品ページにてご予約注文をお受けしています。予約受付中となっていない商品は、次の入荷が全く未定のためご予約はお受けしていません。何卒ご了承ください。

■返品・交換について

お届けした商品がご注文の品以外だった場合や不良品、破損していた場合は、速やかに返品・交換させていただきます。

その際の送料は、当方の負担とさせていただきますので、必ず事前連絡うえ、運賃着払にてご返送ください(事前連絡の無い場合はお受け取りできない事もございます)。

お客様のご都合による返品・交換は、未使用品でお買上げから1ヶ月以内であればお受けしています。なお返品、交換にかかる送料等はお客様のご負担でお願いいたします。

名入れをした商品や受注生産の商品は、お客様のご都合による返品・交換をお受けしておりません。何卒ご了承ください。

詳しいご案内はこちら

■アフターフォロー

当店でお買い上げいただいた刃物は、研ぎ直しや修理等をお受けしています。

黒鳥刃物以外は当店で受け付けしておりますので、お気軽にご連絡ください。(他店で購入された刃物の研ぎ直しや修理はできません。)

【黒鳥刃物の研ぎ直しや修理について】
商品に連絡先を記載した案内を付けています。直接、黒鳥鍛造工場に連絡のうえご依頼ください。

研ぎ直し料金は、800円前後〜となります(商品によって異なります)。
また包丁の柄の付け替えその他、修理も行いますのでお気軽にお問合せください。

お支払い方法

送料

ギフト包装承ります

領収書発行承ります



ご購入はこちらから

黒鳥 ブッチャーナイフ 穴あき

23,000円(税込)

全長 :約29cm
刃渡り:約17cm

注文数
【サイズについて】
一本一本手づくりのため、各サイズには多少のばらつきがございます。あらかじめご了承ください。

職人紹介

鍛冶職人 梶原弘資

梶原弘資、黒鳥鍛造工場の六代目。

明治の初め、初代梶原平次が土佐安芸郡黒鳥より四万十町本堂に移り住み、鍛工場を創業。以来、百三十余年に渡り多種多様な刃物を作り続けているのが黒鳥鍛造工場です。

鍛造から研磨まで一貫して行える腕利きの職人が揃い、六代目の弘資さんが中心となり現場を指揮。時代にあわせて包丁やステンレス製の刃物の製造なども行っており、新商品の開発や技術と伝統の継承にも力を入れている。

平成26年に、誰でも気軽に立ち寄れるショップを工場に併設。直接お客様の相談にのりながらの販売や、修理、砥ぎ直しも行っている。

匠の技


<黒鳥刃物の研ぎ直し・修理について>
当店でお買い上げ頂いた黒鳥刃物も、研ぎ直しや修理は直接、黒鳥鍛造工場へご依頼ください(連絡先等は商品に付けています)。

こちらもおススメ