閉じる

白鋼2号と青鋼2号の違い

「白鋼(しろはがね・しろこう)」は別名「白紙」とも呼ばれ、包丁や鉈、その他多くの刃物に使われており、安来鋼(やすきはがね)の中で最も一般的な鋼材です。

「青鋼(あおはがね・あおこう)」は別名「青紙」とも呼ばれ、白鋼をベースにクロムやタングステンなどを添加し、熱処理特性や耐摩耗性を改善させた鋼材です。

価格は青鋼の方が原材料が高いため、製品の価格も高くなりますが、どちらの方が優れているかは一概には言えません。

一般的に、白鋼2号は研ぎやすく鋭い切れ味、
青鋼2号は滑らかな切れ味で、かつ切れ味が長持ちすると言われています。

閉じる